旗本金田氏家史研究
 戻る金田一族の歴史(サイト)へ戻る Top 


 


「旗本金田氏家史研究」は、金田家の本家にあたる(遠江守正勝系)18代当主金田近二氏が定年後、金田家の家史研究に情熱を注ぎ、19代当主金田正也氏が故人の遺志を継いで平成16年に発行いたしました。
金田近二氏は、江戸幕府が発行した「寛政重修諸家譜」に記載されている金田氏系譜、金田諸家を訪問し系譜・先祖書・過去帳などを手書きで写したりコピーするなどして資料を収集し、金田諸家の菩提寺を訪問し墓碑・寺の過去帳などを調べ上げました。そして金田近二氏は膨大な資料を常に真偽を吟味しつつ考察して研究の成果を残したとのことです。
更に金田氏末流の一人で金田氏研究家(著書に金田家歴代記)の山内玄人氏の寄稿を得るなど、金田氏研究において「旗本金田氏家史研究」は一級の資料であります。


kaneda-kashi-kenkyu001.pdf へのリンク


kaneda-kashi-kenkyu002 keizu.pdf へのリンク